プロペシアのジェネリック商品エフペシアの画像

エフペシア、という医薬品を知っていますか?あのAGA治療薬で有名なプロペシアのジェネリック商品なんです!なので、安価なのに安心して脱毛を防ぎ、発毛を促進させることが出来るのです!

レバーやエフペシアの特徴とちょんまげ時代の脱毛症

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれている物質で、ケラチンと言うのはタンパク質で出来ています。
また、タンパク質は18種類ものアミノ酸で構成されているのが特徴で、1つでも欠けてしまうと薄毛の症状が起きてしまう事も在れば、髪質が悪くなることも在るなど、髪の毛には無くてはならない存在でもあり、薄毛の原因の多くが食生活の乱れなどと言われています。

AGAなどの薄毛は遺伝子による男性ホルモンの乱れによるものだと言われており、プロペシアやジェネリック品のエフペシアなどを服用することで脱毛をストップさせることは可能です。

しかし、髪の毛を構成しているアミノ酸を取り入れることが出来る食生活をしていなければ育毛効果などに繋がらなくなるなど、発毛への期待も弱くなることになります。

そのため、AGAの治療の中では食生活の改善などのアドバイスも取り入れているのが特徴です。

因みに、レバーと言う食材は鉄分が豊富に含まれているので貧血にも効果が在ると言いますが、必須アミノ酸、ビタミンも豊富に含まれているため、髪の毛の育成効果も期待出来ます。

尚、現代の食生活と言うのは肉類を中心としている欧米食が多くなっていますが、穀物を中心として生活をしていた日本人の身体には欧米食は身体の中での様々な変化が生じやすくなると言われています。

AGAは比較的新しい脱毛症でもあり、ちょんまげを結んでいた時代には存在しなかった脱毛症でもあるわけです。
ちょんまげは頭頂部などに毛が在る事が条件となりますが、AGAの場合はO字型薄毛やM字型薄毛と言った具合に、生え際や頭頂部に脱毛症が現われるため、仮にちょんまげを結ぼうとしてもO字薄毛の症状が起きていればちょんまげを結ぶことが出来なかったと言う事になります。